banner_emperors.png banner_sheepn.png
【オキドキ−特設サイト】
【ジャングリラ−特設サイト】
【はんか通骨董市ー特設サイト】
【ゴー・ダッ・チーズー特設サイト】

2013年03月11日

OKAZU brandのゲームマーケット2013春出展予定

ゲームマーケット大阪に参加されたみなさま、おつかれさまでした。ゲームマーケット2013春の開催も近づき、いよいよ準備に追われる時期となりました。
今春、東京ビックサイトでおこなわれるゲームマーケット2013春には、OKAZU Brandから3作品頒布予定しております。
各作品についての詳しい説明は追っていたしますが、まずはタイトルのご紹介をいたします。

savannna.jpg

まずは「ひもサバンナ」
「ひも電」「ひも電輸送編」につぐ、ひもシリーズの最新作です。
プレイヤーたちは動物学者となり、ひもでできたサバンナに分布する動物たちを、自分の研究範囲(=ひも)で囲み、ポイントを稼いでいきます。

様々な属性を持つ動物たち、それぞれ影響を及ぼす地形がサバンナに広がり、なかなか思うような調査ができないかもしれません。全体をよく見極めて、効率よく動物たちを囲んでいきましょう!

また、前2作に対して「小さな子供でもプレイできますか?」と多くの方からご質問を頂きました。特に「ひも電」に関しては問題なく遊べますが、戦略的な遊び方をしようとすると小学校中学年以上ではないと楽しめないかもしれない……などと考えてしまいいつもその場で明確にお答えできずやきもきすることがありました。そこで今回は、単純化したルールも付属することで、小学校低学年くらいのお子様にも遊んでいただけるようにしたいと思います。

プレイ人数:3〜5人、推奨年齢6歳以上
プレイ時間:30分
イベント価格として2900円での頒布を予定しております。


そして、500円ゲームとして2作頒布出来るよう鋭意デザイン中です。
これはどちらもカード24枚で構成したゲームですが、全く異なるテイストとなる予定です。
まず「Patronize(パトロナイズ)」です。
カードは全部で24枚なのに、トリックテイキングです。
舞台はまだイタリアが統一国家ではなかったルネッサンス時代のトスカーナ地方、プレイヤーはメディチ家のような莫大な財力を持つ商人となり、様々な職業の人間に投資をし、宗教・芸術・学問・探検の各分野に対し自分の権力を高めていきます。
このゲームの特長は、トリックテイキングですが、パスができます。
カードを出すか、パスをするかのジレンマも楽しむことができます。

もうひとつが「Sail to India(セイルトゥインディア)」です。
カードは全部で24枚なのに、1時間超級の本格的な大航海時代ゲームです。
様々なリソースをやりくりして、インドまでの販路開拓を目指します。
このゲームの特長は、お金も点数も海域を進む船も全てワーカーで表します。
お金は金庫番、点数は歴史記録家としてワーカーを用意しなければならないのです。

どちらも大変実験的な作品で、作成にあたっても予算上の制限などに苦しみつつ、思い切ったアイデアを具現化できる楽しさがありました。
もしご好評をいただければ再編集した形での再版もあり得ますが、どちらも500円版での頒布は当イベント限りとなりますのでぜひゲームマーケット2013春のOKAZU Brandブースへお越し頂ければと思います。


posted by OKAZU at 22:24| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲームマーケット2013春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする