banner_emperors.png banner_sheepn.png
【オキドキ−特設サイト】
【ジャングリラ−特設サイト】
【はんか通骨董市ー特設サイト】
【ゴー・ダッ・チーズー特設サイト】

2017年01月18日

『Railways of Nippon』のKickstarterが始まりました!

1/18の早朝にEagle Gryphon Gamesから『Railways of Nippon』のクラウドファンディングがKickstarterで始まりました!



『Railways of Nippon』は『Railways of the World』の日本マップ版で、ただの拡張ではなく、これだけで遊ぶことが可能です。
既にある作品の拡張マップということで、新たな要素をどうするかといったことがありましたが、独自のカードや他のマップより狭いマップなど他とは違った雰囲気があると思います。また収益も厳しく設定されております。
特にBaronカードは私のこだわりが出ており、明治初頭の鉄道関係の有名人を、史実の活躍に合わせて設定させていただいております。

個人的には憧れのゲームデザイナーであるMartin Wallace氏と並んで名前がクレジットされていることに非常に喜びを感じております。ゲームデザイナーをしていてよかったと改めて思いました。

ぜひ日本からも応援をお願いいたします!
posted by OKAZU at 18:56| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

『ISARIBI』のKickstarterが始まりました!

11/8にEagle Gryphon Gamesから『ISARIBI』のキックスターターが始まりました!


『ISARIBI』は2014年ゲームマーケット春に発表したボードゲームで、同じ年にヤポンブランドとして、Essen Spielで販売したゲームでもあります。
江戸時代の漁業をテーマにしたゲームで、漁場と市場をうまく移動させて、より相場の高い状態で売ることを目指します。
この時からゲームのためにいろいろ日本の歴史を勉強し始めたころで、それがのちの『横濱紳商伝』などにつながっているかもしれません。

『ISARIBI』は2年半ごしでのキックスターターとなり、無事海外版の発売へとつながっています。
また、『ISARIBI』はOKAZU brandの作品としては『Trick of the Rails』、『横濱紳商伝』に続いて三番目のキックスターターとなります。今年はこういった話を多くいただいて、非常にうれしい年となりました。私も『ISARIBI』がキックスターターで始まることをwebで知り、また、Board Game Geekのトップバナーやサイドバナーで宣伝されているのを見ると非常にうれしくなります。

ぜひ日本からも応援をお願いいたします!

posted by OKAZU at 23:30| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

横濱紳商伝の海外デラックス版のKickStarterが始まりました!

6/21から、今度は横濱紳商伝(YOKOHAMA)のキックスターターが始まりました。
5月のゲームマーケットで発表してから一ヶ月半という短期間での、外国版の発表というスピードに私たちも驚いています。
00.png

いつも、私たちOKAZU brandはインディーズ版としてゲームマーケットで作品を発表しています。それらのタイトルを数本まとめて、日本の他の作品と一緒にヤポンブランドさんの一員として、秋にドイツのエッセンシュピールというアナログゲームの国際見本市に持って行き、世界各国のパブリッシャーに評価してもらい気に入ってもらえたら版権を買ってもらう、ということを数年おこなってきました。

しかしこの横濱紳商伝は、その手段を踏まえる前に、Tasty Minstrel Gamesに取り扱っていただくというスピード決着をみたのです。

台湾などの外国からゲームマーケットにいらっしゃったゲームデザイナーやパブリッシャーを歓迎するための前日ゲーム会をヤポンブランドさんがおこなってくださったのですが、そこで海外から来た人たちにも横濱紳商伝をプレイしていただき、日本のインディーズゲームとしてはちょっと思い切った大きさのゲームに驚いてもらえたかな、という反応でした。

ゲームマーケット当日も、なんだかブースの前に大柄なアメリカの人が数名深刻そうな顔で話しながらこっちを見ているなあ、と思ったり、何か質問でもあるのかと思って挨拶しても適当に流されて話し込んでいて「?」となったり、開幕からいきなりそのアメリカの人たちが数個買って行ったり、なんだか不思議な雰囲気でした。

そのまま、ゲームマーケット後の発送作業の忙しさに流されていたところ、1週間後くらいにTMGが横濱紳商伝の権利を買いたがっている、それもなる早で、という連絡が来て、契約書を取り交わすことになりました。

その速さから情報のやりとりにまだ混乱もあるのですが、ひたすら情熱は持ってやっていただいているようで、Originsなどのゲームイベントに私たちの日本インディーズ版を持って行って何度も試遊パフォーマンスをしたり、レビュアーに送ってレビュービデオを作ってもらったりしているようです。
毎日見るたびに日本の皆様はもちろん、世界のどこかから写真やビデオがUPされているので、見るたびに喜びでいっぱいになりました。

今回キックスターターでは普通のバージョンに加え、デラックスバージョンというものを目玉にしているようです。金属製のコインと、木製の店舗、商館、各交易品トークン。それに加えてストレッチゴールで舶来品チップが木製になったり、箱がキラキラになったり、部下コマがミープルになったりするようです。
日本でも個人的にチップ類を木製コマに置き換えて遊んでくださる方もいらっしゃったようですが、それを公式がやってしまうことになるのですね!デラックス!
私たちもデラックスバージョンがぜひ欲しいです!

先週380%あまりで成功したTrick of the Railsに引き続き、私たちの作品では2つめの、立て続けのキックスターターとなります。こちらも引き続き、版権を引き渡した後のことで私たちはあずかり知らないところではありますが、作品を気に入ってくださったTMGにとっていい結果となるといいなあと思います。

今日ちょうどゲームマーケット2016春新作評価アンケートの結果が発表されました。
横濱紳商伝は4位、ワードポーターズは17位と、両方ともランクインという大変嬉しい結果でした!
どちらもタイルやカード、コンポーネントの多さから苦労の多かったタイトルでした。多くの方々に支えていただいて販売までこぎつけ、そのあともたくさんの人が応援してくださったことを実感するとともに、本当に嬉しく思っています。
大型重量級の横濱紳商伝のようなゲームは制作の予算も組みにくく、こうして評価していただいたり早い段階で版権がパブリッシャーに買っていただけることで、次につなげることができます。こうした流れのおかげで、12月のゲームマーケットの新作へ気持ちを向けることができます。本当にありがとうございます!
タグ:横濱紳商伝
posted by ryo_nyamo at 23:16| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする