banner_emperors.png banner_sheepn.png
【オキドキ−特設サイト】
【ジャングリラ−特設サイト】
【はんか通骨董市ー特設サイト】
【ゴー・ダッ・チーズー特設サイト】

2017年06月02日

ミネルウァ/Minervaのキックスターターが始まりました!(デラックス版もあり)

6/1から、ミネルウァ/Minervaのキックスターターが始まりました!
もうすでに6/2、12:00現在(日本時間)で39kドルの出資を頂きました。ありがとうございます!

00.png

ミネルウァ/MinervaはもともとOKAZU brand版としてはゲームマーケット2015春に初出です。
おかげさまで、重量級のゲームにも関わらず多くの方に手に取っていただいたゲームで、
ゲームマーケット大賞2015 優秀作品賞もいただきました。

今回キックスターターでは普通のバージョンに加え、デラックスバージョンが作られるそうです。金属製コイン、木製コマに加え、ストレッチゴールで今もどんどん内容がアップデートされているようです。
横濱紳商伝のデラックスバージョンの時もそうですが、
自分たちの作ったゲームが、非常に豪華なコンポーネントで帰ってくるのは作者としては非常にうれしいです。私たちもデラックスバージョンがぜひ欲しいです!
タイル類はアイコンで書かれており、日本語ルールはOKAZU brand版のルールを公開しておりますので、日本の方がそのままプレイしていただいても大丈夫かと思います。
【OKAZU brand版 ミネルウァ特設ページ】

ミネルウァ/Minervaは自分たちがゲームデザインをするうえで、
様々なことを学ばせていただきました。
ミネルウァ/Minervaは拡大再生産ゲームですが、
拡大再生産ゲームはどこかでブレーキや摩擦をかける仕組みを作らないと、
加速度的に拡大していき、ゲームを制御しきれなくなってしまうこと。
また、ミネルウァ/Minervaは非常にタイルの種類が多いので、調整をするのが非常に大変だったのですが、その調整に評価式を使い始めたこと。など
OKAZU brandのゲームを海外で印刷したのもミネルウァ/Minervaが最初です。
重量級のゲームを海外で印刷して、通関処理や輸送、保管場所を確保するのにいかに大変かをこのときに学びました。

OKAZU brandとしては、
2015年のミネルウァ/Minerva、2016年の横濱紳商伝、2017年のエンペラーズ・チョイス
と3年連続で重量級ゲームを作ってきましたが、
日本や世界の、多くの皆さまのご愛顧、助けもありまして、
今後もこの流れを続けていくことが出来ると思っております。
まずは、12月のゲームマーケットの新作へ気持ちを向けようと思います。
皆さま、本当にありがとうございます!
タグ:ミネルウァ
posted by OKAZU at 12:24| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

『Railways of Nippon』のKickstarterが始まりました!

1/18の早朝にEagle Gryphon Gamesから『Railways of Nippon』のクラウドファンディングがKickstarterで始まりました!



『Railways of Nippon』は『Railways of the World』の日本マップ版で、ただの拡張ではなく、これだけで遊ぶことが可能です。
既にある作品の拡張マップということで、新たな要素をどうするかといったことがありましたが、独自のカードや他のマップより狭いマップなど他とは違った雰囲気があると思います。また収益も厳しく設定されております。
特にBaronカードは私のこだわりが出ており、明治初頭の鉄道関係の有名人を、史実の活躍に合わせて設定させていただいております。

個人的には憧れのゲームデザイナーであるMartin Wallace氏と並んで名前がクレジットされていることに非常に喜びを感じております。ゲームデザイナーをしていてよかったと改めて思いました。

ぜひ日本からも応援をお願いいたします!
posted by OKAZU at 18:56| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

『ISARIBI』のKickstarterが始まりました!

11/8にEagle Gryphon Gamesから『ISARIBI』のキックスターターが始まりました!


『ISARIBI』は2014年ゲームマーケット春に発表したボードゲームで、同じ年にヤポンブランドとして、Essen Spielで販売したゲームでもあります。
江戸時代の漁業をテーマにしたゲームで、漁場と市場をうまく移動させて、より相場の高い状態で売ることを目指します。
この時からゲームのためにいろいろ日本の歴史を勉強し始めたころで、それがのちの『横濱紳商伝』などにつながっているかもしれません。

『ISARIBI』は2年半ごしでのキックスターターとなり、無事海外版の発売へとつながっています。
また、『ISARIBI』はOKAZU brandの作品としては『Trick of the Rails』、『横濱紳商伝』に続いて三番目のキックスターターとなります。今年はこういった話を多くいただいて、非常にうれしい年となりました。私も『ISARIBI』がキックスターターで始まることをwebで知り、また、Board Game Geekのトップバナーやサイドバナーで宣伝されているのを見ると非常にうれしくなります。

ぜひ日本からも応援をお願いいたします!

posted by OKAZU at 23:30| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする