suzie02.jpg zoo02.jpg
yagi_02.jpg distance_02.jpg
【アクロス・ザ・ユナイテッドステイツ−特設サイト】
【商売往来−特設サイト】 【メトロックス−特設サイト】
【ひつ陣−特設サイト】 【オキドキ−特設サイト】


2013年09月13日

パトロナイズとセイルトゥインディアがゲームフィールドさんから発売

皆さんお久しぶりです。
今回は大きなお知らせがあります。
『Patronize(パトロナイズ)』『Sail to India(セイルトゥインディア)』が熊本のボードゲーム専門店『ゲームフィールド』さんから日本語豪華版として発売となりました。
こちらから購入可能です。

・『Patronize(パトロナイズ)』
https://gamefield.sakura.ne.jp/products/detail.php?product_id=264

・『Sail to India(セイルトゥインディア)』
https://gamefield.sakura.ne.jp/products/detail.php?product_id=263

ゲームマーケット2013春にて500円ゲームズとして頒布した2つのゲームが、立派になって帰ってきます。
これはゲームマーケット直後にゲームフィールドさんから提案いただき実現いたしました。
より多くの人に手に取ってもらえると思うと嬉しいことしきりです。

皆さんが気になっているかもしれないルールやコンポーネントの変更点ですが、
『Patronize(パトロナイズ)』はルールの変更点はありません。キューブを使用していたものが見やすいタイルに代わりました。
『Sail to India(セイルトゥインディア)』は一部ルールや技術の効果に変更があります。
・終了条件に”ストックにコマがなくなったプレイヤーが2人以上になったら終了”を追加
・技術のうち2つの効果を変更
-採掘技術のコストを1金→0金に変更
-活版印刷のコストを2金→1金に変更。効果を”技術を習得した手番に1VPをもらうことが出来ます。1手番に1回のみです。※活版印刷を習得した手番も含みます”に変更
また、コンポーネントにも変更があります。技術者コマを無くし、技術が1枚ずつのカードになりました。これにより間違えやすい技術の取り扱いがわかりやすくなります。
多くはゲームフィールドさんのご厚意があり実現したものです。ありがとうございます。

びっくりしたのが、ミヒャエル・シャハト氏の『ムガル』と同時発売ということ。最初話を聞いた時は3つ同時発売をするとお話をうかがっていたのですが、まさか私も大好きな名作『ムガル』と一緒とは!本当ありがたいです。
posted by OKAZU at 20:56| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]